アルミニウム合金 合金番号による主成分と主要用途

合金番号による主成分と主要用途
合金番号 主成分 材料特性性質と用途
A 1000番台 Al 99%以上 純アルミで反射板、照明器具、装飾品など
A 2000番台 Al-Cu-Mg系 合金 強度が高く、航空機用材、各種構造材など
表面に皮材をはり合わせ耐食性を改善したものが合せ板である。
A 3000番台 Al-Mn(少量)系 合金 純アルミより少し強度が高く、建築用材、カラーアルミなど
A 4000番台 Al-Si-Mg-Ni系 合金 熱膨張係数が小さく、耐磨矧生がよく、鍛造品としてアルミエンジンのピストンなど
A 5000番台 Al-Mg-Cr系 合金 中強度の合金で耐食性がよく、船舶、車両、車両用材など
A 6000番台 Al-Si-Mg系 合金 熱処理型合金で押出性が良好、アルミリベット、サッシなど
A 7000番台 Al-Cu-Mg-Zn系 合金 アルミ合金中最高の強度をもち、主として航空機用材、スキーなど表面に皮材をはり合わせ耐食性を向上したものが合せ板である。

試験片・テストピース

株式会社ユーコウ商会

213-0026
神奈川県川崎市高津区久末686番地
TEL:044-752-1213
FAX:044-752-1065